大学院 物質材料開発専攻 (材料開発工学専攻)

 大学院では、学部において習得した基礎的研究能力をさらに発展させるため、研究実験に加え、スクーリングによるケーススタディを通じて、物質・材料に係わる基礎知識の徹底的習得、研究プロジェクトへの参画による創造的研究の遂行、研究成果を強い印象で伝えるプレゼンテーション能力の養成、等の項目に重点を置いた創造的教育を行っています。本専攻において関連する産業分野での社会的養成に対し、柔軟に対応できる実践的な知識、技術、及び研究能力が習得できます。これにより社会に奉仕・貢献できるVOSの精神を備えた技術者・研究者となることができます。

課題研究論文・修士論文題名データベース



 平成7年以降に本課程・専攻(旧:材料開発工学課程・専攻を含む)を卒業、修了した学生の論文題名、指導教員、出身校を検索一覧できます。

課題研究論文・修士論文題名データベース


就職について

 就職先としては、化学関連企業のほか、電気・電子、機械、金属関係など多岐にわたっています。また近年、博士後期課程への進学者は奨学金制度の活用により増えております。博士課程修了者は企業や各種研究機関において指導的技術者・研究者として活躍しています。
平成27年3月の修士課程修了者32名の進路は以下の通りです。

本学博士後期課程への進学 3名
就職          29名

最近の修士課程修了生の主な就職先

旭硝子 (株), 古河電気工業 (株), 三井化学 (株), トステム (株), (株) 島津製作所, コバレントマテリアル (株), 三菱重工業 (株), 横浜ゴム (株), 塩野義製薬 (株), 日立化成工業 (株), 矢崎総業 (株), 田中貴金属工業(株), YKK(株), 日東電工 (株), 北陸ガス (株), 明和工業 (株), 富士電機デバイステクノロジー (株), 富士フイルムマイクロデバイス (株), 富士フイルムファインケミカルズ (株), 松下電器産業 (株), 松下半導体エンジニアリング (株), キャノンアネルバ (株), セイコーエプソン (株), (株) 村田製作所, NECエレクトロニクス (株), 電気化学工業 (株), ダイセル化学工業(株), 本州化学工業 (株), 新日本製鐵 (株), 太陽誘電 (株), 住友重機械工業 (株), (株) コロナ, (株) クラレ, ナミックス (株), 大日本塗料 (株), ユニオンツール (株), 日本電算コパル (株), (株) ポラテクノ, 日本精機 (株), 大日精化工業 (株), 日揮化学 (株), 日本ケミコン (株), 岩塚製菓 (株),
越後製菓 (株), 東京電子 (株), 太平洋セメント (株), ヨネックス (株),
(株) 半導体エネルギー研究所, (独) 日本原子力研究開発機構, (財) 上越環境科学センター, (財) 新潟県環境衛生研究所, 公務員

順不同

カリキュラム
 物質材料工学課程および物質材料工学専攻では、 化学の基礎科目である物理化学、無機化学、有機化学等の理解の基に、無機材料、有機材料等の材料開発に関する科目について、演習、実験に重点をおいて教育を行い、新規な材料開発を重視し、環境科学にも配慮する指導的、独創的な研究者・技術者の育成を行います。

 物質材料工学専攻では、 創造的、独創的能力を備えた技術者・研究者を育成することを目的にしています。そのため、大学院では化学の基礎を理解し、これに基づいてより高度な知識、技能を修得できるよう、講義、セミナー、特別実験を開講しています。そして21世紀の時代に役立てる最先端材料の開発に関する知識が学べるよう計画されています。特にセミナーや特別実験の開講に重点的に取り組んでおり、これらを通して指導的能力を兼ね備えた実践的研究者・技術者の育成を行うための科目編成、内容となっています。