平成27年度より「物質材料工学課程/専攻」へ名称変更しました

平成27年4月より課程および専攻の名称を従来の「材料開発工学課程/専攻」から「物質材料工学課程/専攻」へ変更いたしました。社会の変革に的確に、柔軟に対処し、日本の持続的発展に貢献できるよう、材料開発に重要な物理化学、無機化学、有機化学を柱とする学問体系を基盤とし、「物質機能」、「材料設計」、「エネルギー・環境」そして「バイオ複合材料」の分野別からなる講座を配し、時代を先導できる人材育成、研究開発を実施する組織に改めました。


なお、学生の所属は平成27年4月入学者から学年進行に伴って段階的に変わります。学部3年は平成28年度4月編入まで「材料開発工学課程」の所属となりますが、大学院進学時には「物質材料工学専攻」所属となります。

創る喜びを。探求する心を。
新材料が世界を変える…。

 本課程・専攻は、難しい問題に果敢にチャレンジすることを尊ぶ、そんな気風をもっています。材料に興味をもち、新材料の開発に積極的に挑戦しようとする学生、様々な現象を注意深く観察し、論理的に挑戦しようとする学生、柔軟な発想と積極的な行動力をもつ人間性豊かな学生を、化学・生物・物質・材料分野のみならず、電気や機械分野などからも広く受け入れ、優秀な学生に対する早期修了システムを明確化しています。

おしらせ


過去のおしらせ