階層リンク ナビゲーション

長岡技術科学大学 共同利用施設 分析計測センター

Last Updated:2020.5.18
2020年4月8日(水)
分析計測センター・SHARE事業説明会の様子
電子顕微鏡表面分析機器をはじめとした約60種類の研究機器・設備を集中管理することにより,学内外の研究開発を支援しています.利用者に対して各機器の操作法・測定原理・解析法を講習しており,利用者自身が機器を直接操作して目的に応じた分析・測定を行うことができます.近年では分析機器をIoTにより遠隔利用できるシステムを導入し,全国の高等専門学校の教育研究の支援に展開しています.
  • 分析機器の保守管理および効率的な運用
  • 依頼試料の測定および結果解析
  • 分析機器の原理・操作法の講習
  • 機器分析法および分析結果の解析に関する技術的支援
  • 機能材料および機能表面の開発に関する独自の研究
大学連携研究設備ネットワーク
大学連携研究設備ネットワークは、全国の72国立大学法人と自然科学研究機構分子科学研究所(以下「参画大学等」)が連携する事業で、参画大学等が所有する研究設備の相互利用と共同利用を推進して、将来の新たな共同研究を促すことを目的としています。このような体制を整備することで、日本における研究基盤をより強固なものにし、研究の新たな展開を支えていきます。