Tagaya Laboratory

多賀谷研究室では、無機/有機ハイブリッド化学、無機材料化学、及び、生体材料工学の融合により、生体に類似な穏和な条件下でナノバイオセラミックを合成し、高次構造制御と表面・界面計測によって、細胞や生体組織へ「優しく積極的に」働きかける新機能を研究しております。物質材料工学に立脚したナノバイオ技術によって、世の中のバイオ・医療へ貢献する信念をもち、日々の教育・研究へ鋭意邁進しております。

生体へ働きかける新素材をつくる!

 

  • 高機能生体親和性ナノ・マイクロ構造体の創出
  • 診断・治療を目指したナノバイオセラミックスの創製

NEWS


 

[%article_date_notime_wa%] [%new:New%] [%category%]

[%title%]

 

すべてのNEWSを見る

国立大学法人 長岡技術科学大学
大学院工学研究科 物質材料工学専攻
 

准教授

Associate Proffeser

多賀谷 基博

Motohiro TAGAYA

国立大学法人

長岡技術科学大学

大学院工学研究科 物質材料工学専攻
 
〒940-2188

新潟県長岡市上富岡町1603-1

教員居室: 物質・材料1号棟 525室
学生居室/実験室(1):博士1号棟 555室 554室 
学生居室/実験室(2):実習1号棟棟103室 116室
 

Contact

TEL : 0258-47-9345
E-mail: tagaya(at)mst.nagaokaut.ac.jp
((at)は@です)